2017-05

メータの祈り

3月11日、東京で地震にみまわれた指揮者、ズービン・メータは、帰国後、再度日本を訪れ、4月10日のチャリティコンサートで、N響を率い、バッハのG線上のアリアとベートーベンの第9交響曲を演奏しました。

もちろん演奏そのものも素晴らしかったのですが、演奏前のメータのスピーチも感動的な内容でした。

 「・・・・まさに桜が満開となる今日、避難所でいまだ闘っている東北の被災者の方々が、一年後そして
 それ以降も一生、桜を楽しむことができるようになっていることを祈るばかりです。今日、私たちは被災者の  方々、そしてそのご家族やペットのことを考え、彼らの無事を祈ります」

メータは、ペットにも祈りを捧げ、演奏しました。スピーチの全文は、こちらでみることができます。メータ家にも可愛い犬か猫がいるのかもしれませんね。

第9で唄われるシラーの「歓喜の歌」には次の一節があります。(訳 西野茂雄)

 ひとりの友の友であるという
 大きな幸運を引き当てた者に、
 やさしいひとりの女を妻となし得た者が
 歓呼の声をあわせるがいい!
 そう、この地上でただひとつの人の心でも
 自分のものと呼び得る者も!
 だが、それができなかった者は、涙を流し
 すごすごとこの仲間から離れ去るがいい!

実は学生時代、この部分に納得がいきませんでした。何で友達が一人もいない人を排除しなければならないのか? その人こそ可哀相ではないかと思っていました。よく見ると、友達が一人もいない人などいない。この世の生きとし生けるもの全員で歓喜の歌を唄おうという解釈が正しいようです。シラーの詩は次のように続きます。

 この世の生きとし生けるものは
 自然の乳房からも歓喜を飲む。
 善人も、悪人も、すべての者が
 自然のばら色の足跡に従う。

 自然は私たちにくちづけと、ぶどうと、
 死もわかち得ぬひとりの友を与えた。
 うじ虫には官能の悦が与えられ、
 天使は嬉々として神のみ前に立つ。

メータにとって、ペットが友であることが自明なことなのでしょう。それは私達も同じです。「死もわかち得ぬ一人の友をあたえた」とのメッセージが込められていたに違いありません。

4月23日土曜日は、レイ地方、1日雨が降ったり、あがったりのはっきりしない天気でした。ソメイヨシノは散り、八重桜と大島桜ががんばっていました。雨の合間に川の上流に足をのばしました。


2011八重ザクラ1


いつものようにお座りのとたんに笑顔が消えます。土手をあがって、桜のトンネルにむかいます。


2011八重ザクラ2


土手の上の八重桜、辛うじて花が残っていました。「待て」と言われると、表情ばかりかポーズも同じになるようです。


2011八重ザクラ3


これで、今年の桜は見納めです。メータの祈りのように、被災地の方々が最愛の友とともに、一年後そしてそれ以降も一生、桜を楽しむことができるようになっていることを心から願います。
 

スポンサーサイト

コメント

こんにちは
柴犬チャタの飼い主のひろみです。
チャタに暖かいメッセージをありがとうございました<(_ _)>
宝物だと言って下さった写真は 自分の携帯にも入れて
いつでも持ち歩いています。

先代犬とあわせると 15年間柴犬と暮らしました。
長いようであっというまで 
柴犬はいいです 楽しくて幸せな15年でした。

レイちゃんのスリスリがとってもかわいいです(*^^*)

ひろみさま
あの写真1枚でもチャタ君とご家族が幸せに暮らしていたことが分ります。あの写真は本当に宝物ですね。私も長年ワンコと一緒に暮らしていますが、あれほどの写真は撮れていません。せいぜいスリスリの写真で慰めています。

柴犬との生活は、四季によって色々な楽しみがあり、本当に楽しいと思います。ご家族の皆さんもチャタ君との生活が充実した楽しいものであっただけに、大分寂しい思いをなさると思いますが、たくさんの楽しい思い出で乗りきってください。

あらためてチャタ君のご冥福をお祈りします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arurus.blog32.fc2.com/tb.php/219-c24e24d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

アルルス

Author:アルルス
レイは2008年2月7日生まれの5姉妹の長女?です。
今のところ社交的、外出大好きですが、意外と慎重なところがあります。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

いくつになったの

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード