2009-08

ダイエットに成功?

8月25日、フィラリアの薬をもらいにレイを連れて動物病院に行きました。レイは病院でちょっと落ち着かない様子でしたが、ネコがいるのを見つけると、喜び、すっかりリラックスしました。先日子連れネコに襲われたのに、懲りていないようです。

体重は6.9キロ。5月の末には7.8キロだったので、3か月で1キロ近く減ってしまいました。昨年10月、レイが8か月だった頃と同じ位の体重です。獣医曰く、体調も含めて問題なしとのことなので、よしとしましょう。

今年の6月のはじめには、このようにマルマルしていました。冬毛が抜けていないこともあって、肥満疑惑が生じていました。


夏前はマルマル
(ダイエット前のレイさん)


今日のレイは、こんな感じです。額が煤けているのを除き、同じワンコに見えないかもしれません。


夏の終りはガリガリ
(ダイエット後、レインコートの大きさがちょうどあうようになったレイさん)


暑くなってきてから、朝の散歩を2割くらい短くし、食事も2割減らしたのですが、ちょっとやせすぎたように見えます。適正体重は7.5キロ位のようです。飼主の管理責任が問われそうです。

食欲もあり、昨年9月以降、お腹を1回も壊していないのですが、食べながらの減量というのは可能なようです。レイが人間だったら、ダイエット成功でCMに出られそうですね。

スポンサーサイト

昼寝して、夜鳴きするレーとん

すこし過ごしやすくなってきましたが、日中は暑さが続いています。レイは朝夕の散歩、昼間の庭遊び以外、ごろごろして1日を過ごしています。


残暑


それほど暑くないときは、丸くなってまどろみます。


みじんこ?


昔、顕微鏡で見たミジンコのようにも見えますし、クェスションマークを逆にしたようにも見えます。このケージは、48cm×60cmなので、レイの凡その大きさが分かります。

暑くなってくると、黒いソファーの上で体を伸ばして熟睡状態になります。


夏の午睡


薄茶色のワンコは、眠ると体が白っぽくみえるような気がします。このように夏の間は、昼間はほとんど寝ているようです。最近ときどき夜鳴きするのは、昼間寝ているせいかもしれません。もっとも他の季節も昼寝しているので、やはり原因は不明です。

ルーの命日

今日はルーの命日です。2年前の今日のお昼前、ルーは逝きました。8月以来続いた猛暑の中、1日だけ涼しい日でした。心臓と肺を病んでいたルーにとっては暑さがこたえたようです。30度と35度では暑さの質が異なる気がします。夜、排泄のために外出すると、むっとするような暑さでした。風が吹くと逆に暑く感じました。夜、ルーと外に出るごとにルーの命が減っていくような気がしました。それでもルーは外出を愉しみにしていました。熱帯夜の夜、外を歩いているとルーの最後の日々を思い出します。

ルー2歳の夏の写真がありました。例の黒いソファーの上で寛いでいます。最近レイも夏毛になり、線が細くなったような感じなのですが、ルーは、さらに線が細かったようです。気もお腹も弱く、太ることもできなかったので、この頃は余り長生きできないかなと思っていました。


ルーの夏


ただ、歩くのは大好きだったので、散歩はかなり遠くまで行きました。飼主が行くところなら、どこでも着いてきました。この運動が良かったのか、ルーは気も体もだんだん強くなっていきました。子犬のとき、色々心配ごとがあっても、ワンコというのはそれなりに成長するもののような気がします。晩年はなかなか味のあるワンコになっていたと思います。家族を信頼しきっていたようでした。

新しいワンコを飼っても、先代犬の思い出が褪せることも、愛情が薄れることも無いようです。先代犬達の思い出を胸に、今のワンコとの生活1日1日を大切にすることは、本当に幸せなことだと思います。

1歳6か月を迎えて

レイは8月7日で1歳半になりました。日本犬保存会の区分では壮犬になるようです。盲導犬の訓練は1歳半くらいから本格的に行われるようですから、人間で言えば、高校卒業くらいなのかもしれません。しかしレイはまだまだ落ち着きません。夏毛のせいか、少しスマートになり、弱弱しい感じになっています。


1歳半2


頭の上だけ、少し冬毛が残り、でこぼこした感じです。ここだけ三毛になっています。1歳半になってから、時々原因不明の夜鳴きをしたり、今まで無かった要求吠えをしたりして、評判を落としています。しかし本犬はそんなことには全く気がつかず、家の中で寛いでいます。


1歳半1


どうも厳しい人がいないのが、バレているような気がします。まあそろそろ落ち着くでしょう。レイとの生活もこれからが本番です。

盲導犬を育てるパビーウォーカーの方々は、1歳半でお別れだそうです。非常に意義があり、やりがいのある楽しい経験だと思いますが、訓練に引き渡すの時の辛さは想像以上かもしれません。レイも私も少し暢気すぎるような気がします。

ワンコの冷却装置

レイ地方、猛暑とはいえませんが、暑い日が続いています。午前中の散歩ではレイの舌が伸びてしまいます。


暑い


夜は夜で、口が開き歯が剥き出しになります。ワンコの口は大切な冷却装置です。


眠い


この週末は、レイ地方のお祭りでした。木彫をほどこした山車のアセチレンガスの光が家の前を通りすぎていきました。この祭の時期は老犬に辛い時期です。2年前はルーとこの光を見ました。


祭


夏祭の目的の一つは疫病を追い払うことにあるようです。口を開けている老犬たちがこの暑さを乗りきれますようにお祈りします。

レーとん、子連れ猫に襲われる

7月31日金曜日の夕方、レイは子連れ猫に襲われました。いきなりレイに向って走ってきたそうです。家族が猫を足ではらったので、怪我はしませんでしたが、レイは大分びびったようです。私が家に帰ったときもまだ少し体が震えていました。新しいおもちゃを見せたら、震えが止まったのですが、夕飯を食べようとしませんでした。


訓練中
猫に襲われたレーさん(1歳)

人や動物は恐くないものと教えていたので、びっくりしたのでしょう。その後、散歩に行くかと聞くと大喜びしたので、現場まで誘導してみました。途中止まりそうになりましたが、なんとか現場を通ることができました。散歩の後、ウェットフードを食べました。大きなトラウマとはならなかったようです。

8月1日は曇りがちの涼しい天気、久しぶりに上流に遠征しました。夜は花火大会だったのですが、気にしていませんでした。2日は雨の間に何とか川まで行って用を足しました。週末の様子をみていると、猫に襲われた影響はまったくありません。レイにとってもいい経験だったかもしれません。


傷心


夏の椿事のその後ですが、母校は準決勝で優勝した学校に惜敗してしまいました。風邪ほうはまだ続いています。逆だと良かったのですが、そうも行きませんね。猫に襲われたことも含めてレイも残念がっているようです。



«  | HOME |  »

プロフィール

アルルス

Author:アルルス
レイは2008年2月7日生まれの5姉妹の長女?です。
今のところ社交的、外出大好きですが、意外と慎重なところがあります。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

いくつになったの

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード