2009-03

冬が終って

この週末、レイ地方は肌寒いながらもまずまずの好天、さっそく川に繰り出しました。この顔をみるとワンコには春の陽気なのでしょう。


春のワンコ


ここ数日の寒さのせいで、桜はまだ咲いていません。レイ地方の開花は既に23日ということになっているのですが、かなりいい加減あるいは恣意的なもののようです。


開花前


この後、レイ地方の標準木というのを見に行ったのですが、確かにその木だけ咲いていました。嘘ではないが本当ではないということのようです。でも開花が遅れれば、それだけ楽しみは続くということなので、来週が楽しみです。

散歩の途中、14才のMIXと16才のトイプードルに会いました。冬が終り、柔らかな日差しを浴びて、飼主もワンコも嬉しそうでした。かれらも花見を思う存分楽しめると思います。

スポンサーサイト

レーとん、家でションボリする。

昨年の今日、3月26日、レイは家に来ました。兄弟と仲良く遊んでいたので、少しでも一緒に過ごしたほうがいいと思い、4日間待ちました。迎えてから1週間、吠え癖などをつけないため声をかけずに過ごしました。

22日には跳ね回っていたのに、26日家につくとしょんぼりしていました。その時の写真はこちらでご覧いただけます。まるで小説のような偶然なのですが、このとき「はなこっぺん」のアヒル母さんがコメントを入れてくれました。ブログを始めて2回目だったので、万に一つの確率もなかったはずです。はなこっぺんとレイの縁だったのだと思います。

兄弟と4日多く過ごさせたのも、1週間声をかけなかったのもいい効果があったのか分かりません。ただ、やはり子犬は2か月は母親や兄弟と暮らしたほうがいいと思います。声をかけないのも、着いた日から2~3日程度が妥当のような気がします。


遠慮


家に来て1か月位は、ときどきこのようなちょっと不安そうな表情をしました。家族や家に慣れ、本当に自分の家だと思い始めたのは、5月半ば位だったと思います。割合慣れるのに時間がかかったのかもしれませんが、今では間違ってもこんな表情をしません。

レイの父親は歩いて10分もかからないところにいるのですが、まだ再会したことはありません。母親ならもしかしたら分かるのかもしれませんが、父親は分からないでしょう。顔は大分似てきたようです。そろそろ遊びに行って、親子の写真を撮ってもいいタイミングなのかもしれません。

今はレイの本拠地もアルやルーのいたあのソファーです。


ソファーにて


写真でも分かるように、歴代のワンコ(レイも含む)のいたづらでソファーはぼろぼろです。今度はレイがソファーを見送ることになりそうです。


出会い記念日

去年の3月22日、レイと出会いました。今日は記念日です。メスばかりの5兄弟、赤柴3匹、黒柴2匹のなかからレイを選びました。選ぶのに大変迷いました。

足や骨格が少し太く、他の四匹が喜んでいるのに、下敷きになっても寝ていてなかなか起きなかったが、レイを選んだ理由といえば、理由です。こんなに可愛い子たちでした。。鼻の黒い一番右の子はアルを思い出させ、真中の子はルーを思い出させました。顔はこの子たちのほうが可愛かったかもしれません。


兄弟犬たち


レイと元気な黒柴は早めに引き取られたたので写真はありません。レイの写真は、昔使ったものを張っておきます。昨年4月26日のものです。


待ちうけ


他の子犬たちに、いつか会ってみたいと思っているのですが、まだどこにいるのか分かりません。1年前は選ぶのに困りましたが、今となってはレイは来るべきして来たのだと思います。すっかり馴染んでいます。ワンコは行く家族によってどう成長するか全く違ってくるのだと思います。

レイはそんなことは覚えていないでしょう。昨日21日も川原に出かけました。桜こそまだですが、雰囲気はすっかり春。レイも春の空気を味わいました。空は晴れ、あたたかな日差しが心地よい1日でした。


春の匂いは


今日22日は、曇り時々晴れ。レイは最近お気に入りの、モグラ塚掘りをしました。最近体つきがモグラに似てきたような感じがしますが、気のせいでしょうか。


もぐらごっこ


モグラ塚を掘ったあとは、水とカリカリ1個を貰ってご満悦。天気は今一つでも良い出会い記念日でした。次の週末は花見が楽しめそうです。

毎日が散歩日和

14日土曜日、天気予報では午前中は風雨とも強く、午後は曇り後晴れ。飼主は午前中40分、午後1時間半と、予定を普段の逆にしました。

ところが、雨が思ったほど強くなかったためもあり、レイは飼主の思惑を無視して、いつもどおり快調な足取り。結局、午前中1時間半のコースに行きました。スリスリまでしようとしたので、今回はとめました。でも考えてみれば、後でレインコートを洗えばいいので、思う存分やらせるべきでした。帰ってきて庭に入っても大はしゃぎ。お座りをさせて落ち着かせました。


雨合羽


15日日曜日は一転して好天。気持ちの良い1日でした。レイはこの日も絶好調。最近お気に入りのモグラ塚を目指しせっせと歩きました。春の暖かな日差しに包まれています。


春の日差し


ところが前日の雨で柔らかくなった上を人が歩いて、ほとんどモグラ塚が目立ちません。欲求不満のレイはかわりに砂を掘っていました。問題のモグラ塚の写真です


モグラ塚


あまりにもつまらない写真で、私自身どっちが上か迷いました。ここを掘るのがレイの最近の楽しみです。

雨の土曜も、晴の日曜も、レイは散歩を楽しみました。好天とか悪天候とか、絶好の散歩日和とかいいますが、所詮は人の都合。レイにとって暴風雨でもないかぎり、毎日が散歩日和のようです。


恥ずかしい名前

この優雅な寝姿を見せるレイは、別名を持っています。


優雅な寝姿


いわゆる血統書名なのですが、昨年中はあまりにも恥ずかしい名前なので公表を控えていました。そろそろほとぼりもさめ、レイも家に来て1年を迎えるところなので、本邦初公開の運びとなりました。レイはそんなことはかまわず遊んでいます。


おきにいり


レイの血統書名は「篤姫号」です。昨年のNHK大河ドラマの主人公の名前なので、薩摩あるいは徳川家関係者から苦情が来るのかもしれません。普通遠慮して「坂東の篤姫号」とかするのだと思いますが、何か申し訳ない感じがします。

もちろんレイ本犬にとっては知ったことではありません。そもそも血統書よりおやつの方がずっと大切なはずです。

ワンコからみると、人はつまらないこだわりばかりしているのだと思います。レイは例によって、あまりにもつまらないので、ニュートラルコーナーでうんざりしています。


ふてね

そのせいか、レイは今日の朝、私にあいさつをしませんでした。ワンコを飼って何十年になりますが、はじめての経験だったかもしれません。明日はおそらくあいさつしてくれると思います。

被写体の問題か? カメラの腕前か?

ブログで仲良くさせていただいているかりん工房の2月28日の記事のかりんちゃんのお座りを上から撮った写真があまりにも可愛いので真似をしてみました。


柴こけし


被写体のせいか、カメラの腕前のせいか、レイはどこから撮ってもモサッとした表情で余り普段と変らないようです。でもこの角度からの写真は「柴こけし」のように見えて面白そうですね。

ついでにコマンドで、ふせ、まてをしてみました。


ふせ、まて


意味もなく「まて」が出て面白くなさそうです。「おいで」と言うとカメラからはみ出しました。


カリカリが欲しい


これだけ張りきられてはしょうがないので、カリカリを一つあげたら、嬉しそうでした。

この土日も、川原にいったり、丘にのぼったり、どうやらモグラ塚を掘るのが気に入ったようです。その紹介はまた後日。

レーとん、山で迷う

3月1日日曜日、レイは川向こうにある里山に登りました。はじめての山道。野生の血が騒ぐのか、満面の笑顔です。


山登り


張りきりすぎて、喉が渇きました。この後水分補給です。はだ寒い日だったのですが、里山に入ると、エナガ、シジュウカラ、ウグイスが鳴いていました。小さな春が来ていました。


水補給


この里山、地元の市が保全のため買い上げたとの看板がありましたが、歩いているうちに私有地に入り、通りぬけできませんでした。南斜面は住宅が建っていて、市の土地は北斜面ばかり。恐らく売れ残りの土地を安くかったのでしょう。途中で道がなくなり、草をかき分けて帰りました。レイは急斜面では、飼主を待ち、迷うと飼主の顔を見上げました。なかなか忠実です。

2月28日土曜は、慣例どおり川の上流に行きました。じゃりばかりの場所も好きなようです。


じゃり道


上流を見ると、梅は咲いていますが、桜並木はまだ冬景色。1か月後には両岸の桜並木が満開になるでしょう。


春近し


レイにとってはじめての花見。弁当をもって家族で遠征する予定です。


«  | HOME |  »

プロフィール

アルルス

Author:アルルス
レイは2008年2月7日生まれの5姉妹の長女?です。
今のところ社交的、外出大好きですが、意外と慎重なところがあります。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

いくつになったの

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード